塗装中からすぐに遮熱効果発揮!工場の暑さ対策の事例

導入背景

屋根が錆びてしまい、見栄えが悪いだけでなく、屋根からの日射熱により工場内の室温が上昇しておりました。従業員からも作業環境改善の声があがっており、以前からお付き合いのある伊東産業様に遮熱塗装のご相談をさせて頂きました。伊東産業様にお話を聞くと、錆びた屋根は日射吸収率が上がるため、屋根の温度上昇の原因となっているとのことでした。

選定理由

以前から同じ工場内の別建屋にて、何度も遮熱塗装を行って頂いておりました。施工して頂く度に、サーモグラフィを用いて遮熱効果を可視化して頂いており、遮熱効果については折り紙付きでした。そのため、伊東産業様であれば信頼してお任せできると考え、施工して頂く運びとなりました。

導入効果

施工効果を可視化するため、塗装中にサーモグラフィーを活用して、遮熱効果を測定して頂きました。すると、塗っている最中からすぐに効果が出ており、未施工箇所と比較して26.3℃から18.8℃まで温度が低下しておりました。当然、施工後も屋根の表面、裏面ともに温度が低下しており、作業環境の改善や省エネに繋がりました。猛暑を迎える前に暑さ対策を行うことができ、工場内の従業員からも涼しくなったと喜んでもらえました。

コーポレートサイトの記事は下記リンクをクリックしてご覧下さい。

▶︎クール工法(コーポレートサイト内記事)

関連事例

  1. 全体が真っ赤に錆びてしまった工場の屋根を再生できた事例

  2. 軒先を修繕して新設のように蘇った事例

  3. 折板屋根への塗装により、雨漏りと暑さ対策を実現した事例

  4. 施工後4年経っても遮熱効果が保たれており、裏面の温度が冷えて…

  5. 物流倉庫が10年間 屋根温度を20℃下げ続けた事例

  6. 合計100,000㎡の化学工場の折板屋根の再生できた事例