遮熱塗料の色の組み合わせごとに遮熱効果・投資回収をシミュレーションした事例

導入背景

本格的な夏場を控え、工場内の温度が大幅に上昇することが予想されるため、スレート屋根およびスレート外壁に遮熱塗装を施したいと考えておりました。
そのような中、いつも伊東産業様のメールマガジンをご拝読しており、伊東産業様に声をかける運びとなりました。

選定理由

遮熱塗料は安い投資ではないため、しっかりと事前に効果をシミュレーションした上で、施工を依頼したいと考えと選りました。
他業者ではエクセルによる簡易的な遮熱効果・投資回収のシミュレーションのみでしたが、伊東産業様はより一歩踏み込み、気象条件をベースに屋根・壁面の温度を推計し、さらには塗料の色毎でカラーコーディネートした際の遮熱効果・費用対効果をご提示いただきました。そのため、建屋のデザイン的な検証を行いつつ、遮熱効果も把握することができました。
また、伊東産業様の塗料は耐久性が他工法よりも高く、再塗装コストを抑えられるため、ライフサイクルコストの観点でも費用対効果が大きいことが分かりました。

導入効果

遮熱塗装を行う業者は沢山いらっしゃいますが、塗料の性能面に加えて事前シミュレーションの手厚さ等の点から、今回は伊東産業様に依頼しようと考えております。施工はまだになりますが、しっかりと事前シミュレーションを行って頂いたので、安心して施工を見届けることができそうです。

画像表示を大きくしたコーポレートサイトの記事は下記リンクをクリックしてご覧下さい。

▶︎クール工法(コーポレートサイト内記事)

関連事例

  1. ボロボロのスレート屋根を補修&カラー塗料でも最大24℃の遮熱…

  2. 雨漏り箇所を特定し、ALC壁面を部分補修し雨漏りを完全に防水…

  3. 9年という長期間に渡り遮熱効果を発揮する工場のスレート屋根へ…

  4. 築30年以上のスレート屋根を防水補修&遮熱塗装した事例

  5. ボロボロのスレート屋根を再生し、暑さ対策&8年経過後もメンテ…

  6. 雨漏りにより内部まで傷んでいたコンクリート屋根を防水補修&遮…