雨漏り箇所を特定し、ALC壁面を部分補修し雨漏りを完全に防水できた事例

導入背景


既に工場の屋根の防水補修を施工して頂き、隣接する事務所2階の壁面からも雨漏りが発生しているため依頼しました。ALC壁面に後から取り付けた避雷針のコーキング部分が経年劣化により、ひび割れ等が発生していました。

選定理由


以前にも工場の屋根を施工して頂いた際に、壁の雨漏り補修ができることを伺っておりました。また、全面補修ではなく、雨漏りしている箇所を特定しての部分補修もできるとのことから、費用面を考えてスポットでの壁面補修を依頼しました。

導入効果


散水により雨漏りの箇所を正確に特定できたため、雨漏りを完全に補修できました。シーリング業者に依頼した場合、全面補修となってしまいますが、必要箇所だけの補修で雨漏りを対策することができました。そのため、全面を補修した場合は数百万円ほど掛かるところを、部分補修で済んだため15万円ほどに抑えることができました。また、工期的にも数日と短期間で施工して頂きました。

お問い合わせはお気軽に

屋根断熱補修.comをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
工場・倉庫のスレート屋根・折板・シート防水などの熱対策や防水・防錆対策は「屋根断熱補修.com」にお任せください!

関連事例

  1. 雨漏りにより内部まで傷んでいたコンクリート屋根を防水補修&遮…

  2. 50年間何もしなかった屋根に断熱補修を行いました!