施工後4年経っても遮熱効果が保たれており、裏面の温度が冷えている動画の紹介

導入背景

当初は屋根の防錆が目的でした。 前回の施工から連続で施工していただいており、今回の施工時に4年前の施工の屋根裏をサーモで撮影していただきました。 動画の通り、施工部分とそうでない部分で温度にはっきり差が出ていることが分かります。 しかも、施工部分は陽が当たる面で、未施工部分は陽があまり当たらない面となっているにもかかわらず、ご覧の結果となっています。 今回もこの効果のある遮熱施工をということで、施工をお願いしました。

選定理由

他の遮熱塗装だと2,3年で塗装が汚れると裏面からの輻射熱が発生してしまいますが、 当遮熱塗装では、屋根ごと膜で冷やすため、屋根裏からの輻射熱もカットできるとのことで、 再び施工していただくこととなりました。 JIS規格の規定により、施工24か月後の曝露調査を行ったところ、日射反射保持率が100%で効果が保たれていることが証明されています。それからさらに2年経った上記の事例でも、サーモグラフィでしっかり温度が下がっていることがわかりました。

導入効果

動画の通り、4年経過後も陽が当たっている面にもかかわらず遮熱効果が継続しており、 どこまで塗装したかがわかるくらいはっきりと効果の差が見えます。 このように、現地で効果を確認したい場合は、屋根の半分だけ塗装するなどテスト施工をして効果を確認することもできます。

お問い合わせはお気軽に

屋根断熱補修.comをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
工場・倉庫のスレート屋根・折板・シート防水などの熱対策や防水・防錆対策は「屋根断熱補修.com」にお任せください!

関連事例

  1. 全体が真っ赤に錆びてしまった工場の屋根を再生できた事例

  2. 合計100,000㎡の化学工場の折板屋根の再生できた事例

  3. 軒先を修繕して新設のように蘇った事例

  4. 折板屋根への塗装により、雨漏りと暑さ対策を実現した事例

  5. 古くなった遮熱塗料を塗りなおし、性能がアップした事例

  6. 築30年以上が経過した工場の屋根劣化で雨漏りしていた屋根を再…