シート防水が傷んで雨漏りをしていたので改修した事例

導入背景


屋根に元々シート防水を貼っていましたが、傷んだ部分から雨水が溜まりこみ、部分的なフクレがかなりありました。 また、保護層であるシルバーペイントも保護機能・遮熱機能をなくしていました。 そのため、複数箇所から雨漏りがあり困っていました。

選定理由


以前にも施工をお願いしていた実績があり、シート防水の施工ができることも知っていました。 雨漏りを止める目的で、シートの改修ができるだけでなく、屋根自体の補修もでき、 さらに遮熱効果もある施工ができるということで、今回もお願いしました。 また、屋根材としてALCパネルを多く用いており部分的に折板部分もあるという特殊な屋根でしたが、 問題なく対応できるという点も非常に助かりました。

導入効果


ふくれていた部分を切開して中に水が入っていたため乾かし、もう一度接着剤で貼り直しました。 ジョイント部分が傷んで水が入り雨漏りしていることが分かったので、ジョイント部にプライマーを塗って防水テープ補強をしました。 また、屋内への雨漏り箇所を特定し、シートを剥がして屋根材自体の雨漏り部分の補修も行いました。 施工後は雨漏りが無くなり効果を感じています。早速、別の施工もお願いすることになりました。

お問い合わせはお気軽に

屋根断熱補修.comをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
工場・倉庫のスレート屋根・折板・シート防水などの熱対策や防水・防錆対策は「屋根断熱補修.com」にお任せください!

関連事例

  1. 雨漏りが止まらないシート防水を補修することができました!