全体が真っ赤に錆びてしまった工場の屋根を再生できた事例

導入背景


約200㎡ある工場の屋根が全体的に錆びており困っていました。 また、錆びによる屋根の傷みのため屋根から太陽光の暑さがダイレクトに工場内に届くようになり、暑さにも困っていました。

選定理由


今回は予算の制限があり部分的に施工をして効果が試せるところを希望しておりました。 そのためカバー工法での施工は屋根全体を工事しなければならず、部分的に出っ張っているなどの構造上の問題があるところは施工できなかったり、柱の強度の構造計算もしないとならないため予算的に厳しいと考えておりました。また遮熱シートでの施工も、部分的な工事ができず予算に合わせた調整が難しいとのことでした。 しかし塗装での施工なら、屋根に密着した工法なので予算に合わせて部分的に施工ができますし、 遮熱塗料の中でも防錆・遮熱・防水が一度にできるということでお願いをしました。

導入効果


部分的に補修をしていただいたいため、施工をしていない部分との差が明確で一目で綺麗になっているとわかりました。 また、現場の作業員からは中も涼しくなった(気がする)という声も上がっています。 まだ屋根全体の補修ができていませんので、残りの部分の施工も是非お願いしたいと考えております。

お問い合わせはお気軽に

屋根断熱補修.comをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
工場・倉庫のスレート屋根・折板・シート防水などの熱対策や防水・防錆対策は「屋根断熱補修.com」にお任せください!

関連事例

  1. 物流倉庫が10年間 屋根温度を20℃下げ続けた事例

  2. 合計100,000㎡の化学工場の折板屋根の再生できた事例

  3. 施工後4年経っても遮熱効果が保たれており、裏面の温度が冷えて…

  4. 築30年以上が経過した工場の屋根劣化で雨漏りしていた屋根を再…