築30年以上が経過した工場の屋根劣化で雨漏りしていた屋根を再生できた事例

導入背景


約3000平米の工場は築30年以上が経過しており屋根もボロボロでした。少しの雨でも雨漏りしてしまうため、製品がサビてしまったり、工場内の設備が劣化してしまったりしていました。屋根の防水塗料を探して試してもみましたが、すぐまた雨漏りするようになり、コストに対して満足できる結果にならず悩んでいました。そんなときに屋根の防水もできる遮熱塗料のことを紹介してもらいました。

選定理由


築30年以上経過してボロボロになっている屋根でも再生でき、防水に加えて遮熱もできること、さらに10年間の保証があることが決め手となり施工をお願いすることにしました。

導入効果


簡単に雨漏りする箇所を示した雨漏りマップを渡して雨漏り箇所を集中的に補修してもらい、サビなどでボロボロになっていた部分も補修してもらいました。施工後は雨漏りもなくなり、従業員からは「室内がかなり涼しくなった」という声が多数上がりました。ボロボロだった屋根がきれいな白い屋根になり、見た目がきれいになったのもうれしいです。

お問い合わせはお気軽に

屋根断熱補修.comをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
工場・倉庫のスレート屋根・折板・シート防水などの熱対策や防水・防錆対策は「屋根断熱補修.com」にお任せください!

関連事例

  1. 合計100,000㎡の化学工場の折板屋根の再生できた事例

  2. 物流倉庫が10年間 屋根温度を20℃下げ続けた事例

  3. 全体が真っ赤に錆びてしまった工場の屋根を再生できた事例

  4. 施工後4年経っても遮熱効果が保たれており、裏面の温度が冷えて…