傷んで雨漏りも発生していた屋根を遮熱塗料で再生させた事例

導入背景


建材メーカーのT社様では、工場やオフィスを建築して以来、屋根はそのまま放置しておりました。
そのため傷んだ屋根も多く、雨漏りも発生していたため、設備ご担当者の方から

「どのように処理していいかわからなくて困っている」

という声をいただきご提案させていただくことになりました。

通常、傷んだ屋根というのは一度全てはがしてしまって、新しく建設するケースが多いです。

しかし、遮熱塗料による工事と比較すると、当然新しく建設する方がコストはかかりますし、工事中は操業を止める必要があります。

導入効果


屋根断熱補修.comでは、自社で製造している独自の遮熱塗料を使うことで、傷んだ屋根の再生化や工場内の断熱をすることが出来ます。

通常、塗料の塗装では傷んだ屋根を再生させることはできないのですが、膜厚のある遮熱塗料を用いることで傷んだ屋根の再生もできるのです。

もとより、塗料でこのような傷んだ屋根を再生させることが出来るとは思っておらず、ご担当者も驚いておりましたが、雨漏りも完全に止まった為、非常に満足そうにされておりました。

お問い合わせはお気軽に

屋根断熱補修.comをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
工場・倉庫のスレート屋根・折板・シート防水などの熱対策や防水・防錆対策は「屋根断熱補修.com」にお任せください!

関連事例

  1. 50年以上経過し傷んでいた陸屋根を補修・遮熱塗装した事例

  2. 経年劣化のひどいコンクリート屋根も断熱補修により再生しました…

  3. 雨漏りにより内部まで傷んでいたコンクリート屋根を防水補修&遮…